浄化槽トップ
浄化槽は小さな下水処理場
浄化槽とは
矢印 浄化槽とは

下水道が整備されていない地区の家庭及び企業の雑排水を浄化処理し、河川等の公共用水域に放流するための施設です。

そのため、浄化槽は、大切な環境資源である「水」をきれいに保つための水質汚濁の防止に大きく寄与するものとされています。

浄化槽維持管理とは

矢印 浄化槽維持管理とは

専門的な知識をもった資格保持者が、専門機器を用いて所有者様に代わって、浄化槽を正しく維持管理します。

浄化槽は最終的に浄化された水を河川等の公共用水域に放流します。正しく維持管理を行うことで水質汚濁等を防止し、私たちの生活環境をより良くする大切な業務です。

矢印 保守点検

浄化槽の保守点検では、浄化槽の機能が正しく働いているか定期的に検査し、装置や機械の調整・修理をします。 槽内の状況を確認し、清掃時期の判定や消毒薬の補充を行います。

ヒロキタロゴ 清掃作業
浄化槽は微生物の作用によって汚水をきれいな水へと浄化処理しますが、汚泥やスカムが蓄積されていきます。 これらが浄化槽内に溜まりすぎると浄化槽の浄化機能に障害をきたし、悪臭や詰りの原因となります。
そのため(年1回以上)バキューム車で汚泥引抜を行い、装置内をきれいにすることで、浄化機能を維持します。
※法定で毎年1回以上の清掃作業は義務付けられております。
サイトマップ | 会社概要 | プライバシーポリシー | お問い合わせ